FC2ブログ

「Richard Says Goodbye」の原題が「The Professor」に変更♪

ジョニー主演の映画、「Richard Says Goodbye」の原題が「The Professor」に変わったそうです。
IMDdbを見ますと、公開日も海外ではあちこち決まっているようですが、日本はいつになるのでしょうね。

395.jpg

https://www.imdb.com/title/tt6865690/?ref_=nm_flmg_act_7

こちらは、ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生のビハインドシーンの画像です。
Thanks IFOD!
396.jpg



今日から、3月。
日々が流れていくのが早すぎます。

「チコちゃんに叱られる」という番組で言っていたそうですが、大人になると時間の流れが速く感じるようになるのは、ときめきがなくなったからだそうで、確かに、ジョニーのレッドカーペットに行った1日はすごく長く感じたりします。
ほかにも、映画を見に行ったり、違うところへ買い物に行ったりして、いつもと違うことがあった1日は長く感じますものね。

今日は教室の仕事がありますが、明日、明後日は、久しぶりに昼も夜も仕事がないので、ゆっくりできそうです。
みなさんも、良い休日を~
スポンサーサイト



  •       コメント 0

    →コメントを書く 0
  • 映画「MINAMATA」は2020年公開か?

    映画「MINAMATA」のニュースがでていて、公開は2020年となっています。

    https://qetic.jp/film/johnnydepp-190215/308187/
    276_20190201064149952.jpg

    この映画は、1956年に発生したメチル水銀を原因とした水質汚染公害である水俣病を題材にした映画で、ジョニー・デップはこの惨状を取材した米国人写真家のユージン・スミス役を演じる。

    彼の他にも、『アバウト・タイム〜愛おしい時間について』に出演したビル・ナイや日本からも真田広之、浅野忠信、國村隼、加瀬亮が出演する。

    第二次世界大戦ののち、隠居生活を送っていたジョニー・デップ演じる戦争写真家のユージン・スミスはある日ビル・ナイ演じる旧友に再会し、日本の水俣病に侵された地域の真実を暴くため、日本に向かうことから始まるストーリーとなっているようだ。この映画は2020年の公開を予定している。

    2020年公開って書いてありますが、日本で2020年に公開ってことでしょうか?
    記事にはしなかったのですが、昨日、IMdbを見たら、2020年にUSAで公開になっていました。→IMdb

    IMdbでは日本はいつ公開か書かれていませんが、日本が舞台の映画だから、日本でいの一番にワールドプレミアが行われるんじゃないかと期待しています



    2月4日はアリスクーパーさんの誕生日だったそうです。1948年生まれだから、71歳ですね。
    昨日の朝、ブログの記事を書いているときにふと思い出し最後に書こうと思っていたのですが、書き忘れました(;^_^
    (最近、そういうこと多いんですよね・・・)

    Kyler Clarkさんのインスタグラムにジョニーとアリスの画像がUPされていたので、ご紹介しておきます。
    311_20190206074326286.jpg
    アリスが食べているのはプリンだそうです。
    ジョニーに食べさせてもらったら、おいしいプリンがもっとおいしくなりそう

    今日も良い1日を~
  •       コメント 0

    →コメントを書く 0
  • 楽しみな映画「MINAMATA」

    日本語ニュースでも昨日発表されたMINAMATAのユージン・スミスさん演じるジョニーの画像がUPされていましたね

    https://theriver.jp/minamata-first-look/
    ジョニー・デップ主演、水俣病描く実話映画『Minamata』劇中写真公開 ─ 美波、真田広之、浅野忠信、加瀬亮、國村隼が出演決定

    2月1日現在、日本で撮影が進められて・・・なんて書いてありますが、ジョニーは今はセルビアですよね(;^_^


    IMdbにもキャスト名が載っていました。
    279_20190202093353c4e.jpg

    美波さんって、この方なんですね。
    https://parismag.jp/life/16011
    intaview_l.jpg

    顔立ちからして、アイリーン役になるのかな?
    ジョニーと共演なんて、なんて羨ましい

    寒い中ジョニーは撮影をしているのかな。
    まだ先なのでしょうが、公開が楽しみです。(気が早すぎ(;^_^)

  •       コメント 0

    →コメントを書く 0
  • ジョニーが映画「MINAMATA」で主演予定のユージン・スミスさんの写真の展示♪

    ジョニーが映画「MINAMATA」で主演予定のユージン・スミスさんの写真の展示が京都でされるというニュースです。


    http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/100/blog/62033/
    水俣と原発 写真展とトーク・水俣の写真家と福島からの避難者のお話 〜写真家ユージン・スミス生誕100年〜
    俳優のジョニー・デップさんが映画「MINAMATA」で演じることになった話題の写真家W.ユージン・スミスさんの写真と、グリーンピースの最新の放射能調査の写真が京都で展示されます。

    期間中には、ユージンさんのパートーナーのアイリーンさん、グリーンピースの福島調査に同行された福島県浪江町民の菅野みずえさん、京都水俣病を告発する会の小坂勝弥さんのお話し、さらに「ためになる英会話」などのミニコーナーもあります。

    日時:12月9日(日)正午から17時 / 10日(月)〜14日(金)10時〜21時
    場所:ひと・まち交流館 京都(京都府京都市下京区上ノ口上る 梅湊町83-1 西木屋町通)
    主催:避難計画を案ずる関西連絡会
    協力:アイリーン・アーカイブ/ グリーンピース・ジャパン
    お問い合わせ:
    グリーン・アクション気付 京都市左京区田中関田町22-75-103

    http://greenpeace.jp/blog/event/4241/
    270_20181130072228a7b.jpg

    水俣も原発も被害の大きさを考えるとジョニーラブでキャピキャピしている自分が恥ずかしくなってしまいます(~_~;)
    私の幸せぼけした頭を切り替えて、きちんと考えていかなきゃいけませんね。

    今ある幸せに感謝して一日一日を大切にしないと。
    みなさんも、今日も良い1日を~



  •       コメント 0

    →コメントを書く 0
  • 『ミナマタ(原題) / Minamata』日本で撮影来年1月♪

    更新が遅れましたが、ジョニーが来年1月に来日し、日本で映画を撮影することが日本語ニュースででてきています。

    https://www.cinematoday.jp/news/N0104432

    ジョニー・デップ、水俣病を扱った新作で実在の写真家に!日本でも撮影
    米俳優ジョニー・デップが、水俣病の問題を扱った新作『ミナマタ(原題) / Minamata』で、実在の写真家ウィリアム・ユージン・スミスさん役に挑戦するとDeadlineなどが報じた。

     本作はウィリアムさんと妻アイリーン・美緒子・スミスさんが共同で執筆した同名著書「ミナマタ(原題) / Minamata」を基に、ハンウェイ・フィルムズが手掛けて映画化する予定。監督は『最低で最高のサリー』で製作総指揮を務めたアンドリュー・レヴィタスで、デヴィッド・K・ケスラーが脚色する。

     第2次世界大戦中にサイパン、沖縄、硫黄島で活動した写真家ウィリアム・ユージン・スミスさんが、1970年代にライフ誌の編集長ラルフ・グレイヴスの依頼でチッソが引き起こした水俣病の取材をし、その実態を暴いた経緯を描く。

     2019年1月から日本で撮影に入り、その後セルビアで撮影することになっている。



    この映画のことも。

    https://eiga.com/news/20181024/6/
    ジョニー・デップ「夷狄を待ちながら」映画化で製作&出演
    [映画.com ニュース] 南アフリカ出身のノーベル賞作家J・M・クッツェーの小説「夷狄を待ちながら(いてきをまちながら 原題:Waiting for the Barbarians)」を映画化する新作に、ジョニー・デップが出演することがわかった。本作は、オスカー俳優マーク・ライランスとロバート・パティンソンの出演が決定している。

    米Deadlineによれば、デップはプロデューサーのアンドレア・イェルボリーノとパートナーシップ契約を結び、今後は映画やデジタルコンテンツのプロデュースをともに手がける。今回の新作は、デップの製作会社インフィニタム・ニヒルと、イェルボリーノが立ち上げたブロックチェーンプラットフォームTaTaTuを通じて製作される。

    1980年に発表された原作「夷狄を待ちながら」は、静かな辺境の町で民政官を務めてきた初老のイギリス人男性(ライランス)を語り手に、帝国の支配者と夷狄(野蛮人の意)の姿が描かれる。映画はコロンビア出身のチロ・ゲーラ(「大河の抱擁」)が監督を務め、今月末にモロッコでクランクインする。



    『ミナマタ(原題) / Minamata』の映画撮影のことを考えると、胸がいっぱいになってしまいます。
    昔、いろんな国で撮影しているジョニーの姿を見て、日本にも撮影に来てほしいなと考えていたことが、とうとう実現しようとしているんですよね。
    撮影後、地区の人と触れ合う姿を今まで見てきたけど、日本ではどうなんでしょうね・・・
    人が集まりすぎてしまったら大変だろうし、内密に行われるのかしら。
    やっぱり、九州で撮影?
    日本の海だったらどこでもいいわけないですものね。
    私は千葉ですが、よく撮影に使われる海の近くに住んでいる私からすると、とてもドキドキなんです(笑)
    そして、私が夜勤めているホテルに食事しに来たら・・・なんて、妄想が膨らんでいって、もう頭がいっぱい。(そう都合よくなるわけないのですが)
    これから、落ち着かない日々が続きそうです。

    ジョニーに先月逢ったばかりなのに、もう逢いたくてたまらない
    82_20181025072550a5d.jpg
    いい事があるよう、毎日がんばろう~



  •       コメント 3

    →コメントを書く 3
  • ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト