FC2ブログ

ジョニーが映画「MINAMATA」で主演予定のユージン・スミスさんの写真の展示♪

ジョニーが映画「MINAMATA」で主演予定のユージン・スミスさんの写真の展示が京都でされるというニュースです。


http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/100/blog/62033/
水俣と原発 写真展とトーク・水俣の写真家と福島からの避難者のお話 〜写真家ユージン・スミス生誕100年〜
俳優のジョニー・デップさんが映画「MINAMATA」で演じることになった話題の写真家W.ユージン・スミスさんの写真と、グリーンピースの最新の放射能調査の写真が京都で展示されます。

期間中には、ユージンさんのパートーナーのアイリーンさん、グリーンピースの福島調査に同行された福島県浪江町民の菅野みずえさん、京都水俣病を告発する会の小坂勝弥さんのお話し、さらに「ためになる英会話」などのミニコーナーもあります。

日時:12月9日(日)正午から17時 / 10日(月)〜14日(金)10時〜21時
場所:ひと・まち交流館 京都(京都府京都市下京区上ノ口上る 梅湊町83-1 西木屋町通)
主催:避難計画を案ずる関西連絡会
協力:アイリーン・アーカイブ/ グリーンピース・ジャパン
お問い合わせ:
グリーン・アクション気付 京都市左京区田中関田町22-75-103

http://greenpeace.jp/blog/event/4241/
270_20181130072228a7b.jpg

水俣も原発も被害の大きさを考えるとジョニーラブでキャピキャピしている自分が恥ずかしくなってしまいます(~_~;)
私の幸せぼけした頭を切り替えて、きちんと考えていかなきゃいけませんね。

今ある幸せに感謝して一日一日を大切にしないと。
みなさんも、今日も良い1日を~



スポンサーサイト
  •       コメント 0

    →コメントを書く 0
  • 『ミナマタ(原題) / Minamata』日本で撮影来年1月♪

    更新が遅れましたが、ジョニーが来年1月に来日し、日本で映画を撮影することが日本語ニュースででてきています。

    https://www.cinematoday.jp/news/N0104432

    ジョニー・デップ、水俣病を扱った新作で実在の写真家に!日本でも撮影
    米俳優ジョニー・デップが、水俣病の問題を扱った新作『ミナマタ(原題) / Minamata』で、実在の写真家ウィリアム・ユージン・スミスさん役に挑戦するとDeadlineなどが報じた。

     本作はウィリアムさんと妻アイリーン・美緒子・スミスさんが共同で執筆した同名著書「ミナマタ(原題) / Minamata」を基に、ハンウェイ・フィルムズが手掛けて映画化する予定。監督は『最低で最高のサリー』で製作総指揮を務めたアンドリュー・レヴィタスで、デヴィッド・K・ケスラーが脚色する。

     第2次世界大戦中にサイパン、沖縄、硫黄島で活動した写真家ウィリアム・ユージン・スミスさんが、1970年代にライフ誌の編集長ラルフ・グレイヴスの依頼でチッソが引き起こした水俣病の取材をし、その実態を暴いた経緯を描く。

     2019年1月から日本で撮影に入り、その後セルビアで撮影することになっている。



    この映画のことも。

    https://eiga.com/news/20181024/6/
    ジョニー・デップ「夷狄を待ちながら」映画化で製作&出演
    [映画.com ニュース] 南アフリカ出身のノーベル賞作家J・M・クッツェーの小説「夷狄を待ちながら(いてきをまちながら 原題:Waiting for the Barbarians)」を映画化する新作に、ジョニー・デップが出演することがわかった。本作は、オスカー俳優マーク・ライランスとロバート・パティンソンの出演が決定している。

    米Deadlineによれば、デップはプロデューサーのアンドレア・イェルボリーノとパートナーシップ契約を結び、今後は映画やデジタルコンテンツのプロデュースをともに手がける。今回の新作は、デップの製作会社インフィニタム・ニヒルと、イェルボリーノが立ち上げたブロックチェーンプラットフォームTaTaTuを通じて製作される。

    1980年に発表された原作「夷狄を待ちながら」は、静かな辺境の町で民政官を務めてきた初老のイギリス人男性(ライランス)を語り手に、帝国の支配者と夷狄(野蛮人の意)の姿が描かれる。映画はコロンビア出身のチロ・ゲーラ(「大河の抱擁」)が監督を務め、今月末にモロッコでクランクインする。



    『ミナマタ(原題) / Minamata』の映画撮影のことを考えると、胸がいっぱいになってしまいます。
    昔、いろんな国で撮影しているジョニーの姿を見て、日本にも撮影に来てほしいなと考えていたことが、とうとう実現しようとしているんですよね。
    撮影後、地区の人と触れ合う姿を今まで見てきたけど、日本ではどうなんでしょうね・・・
    人が集まりすぎてしまったら大変だろうし、内密に行われるのかしら。
    やっぱり、九州で撮影?
    日本の海だったらどこでもいいわけないですものね。
    私は千葉ですが、よく撮影に使われる海の近くに住んでいる私からすると、とてもドキドキなんです(笑)
    そして、私が夜勤めているホテルに食事しに来たら・・・なんて、妄想が膨らんでいって、もう頭がいっぱい。(そう都合よくなるわけないのですが)
    これから、落ち着かない日々が続きそうです。

    ジョニーに先月逢ったばかりなのに、もう逢いたくてたまらない
    82_20181025072550a5d.jpg
    いい事があるよう、毎日がんばろう~



  •       コメント 3

    →コメントを書く 3
  • ジョニーの映画出演情報♪

    ジョニーの映画出演情報です。
    https://news.nifty.com/article/entame/movie/12178-77001/

    ジョニー・デップが『Waiting for the Barbarians』に出演

    ジョニー・デップが『Waiting for the Barbarians』に出演することになった。プロデューサーも兼任する。

    プロデューサーのアンドレア・イェルヴォリーノとデップは、最近、デジタルコンテンツ制作におけるパートナーシップを組んでおり、今作はその第1弾となる。原作は、昨年出版された同名の小説。共演には、ロバート・パティンソンとマーク・ライランスが決まっている。撮影は今月末、モロッコでスタートの予定。




    もう一つ、映画のニュース。これは日本で撮影もあるのかしら?
    https://deadline.com/2018/10/johnny-depp-thriller-minamata-andrew-levitas-afm-1202487811/

    ジョニー・デップ、フォトジャーナリストとしてユージーン・スミスを演じる。スリラー映画‘Minamata’。

    ユージーンと水俣のかかわりはこちらのサイトに書いてあります。
    https://news.yahoo.co.jp/feature/836

    ユージーンの画像。amazonより。




    日本で撮影があるとしたら、どこでするのかな?
    近くだったらいいな~

    今日も良い1日を~

  •       コメント 0

    →コメントを書く 0
  • 「ファンタステック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」新予告編♪

    こちら、「ファンタステック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の未見シーンの入った予告編のようです。



    https://youtu.be/z22yG8cKXsU

    アップのグリンデルバルド演じるジョニー
    66_20181017074046cbb.jpg

    Thanks ifod!→http://www.italianfansofdepp.com/gallery/thumbnails.php?album=2360

    69_20181017074524573.jpg

    67_20181017074522995.jpg



    11月6日、発売のイングリッシュジャーナルは「ファンタステック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の特別企画記事があるようです。


    ファンタビのことが話題になりつつありますが、ジョニーが表紙に出てこないことが多いので残念です(;^_^
    今日も良い1日を~

  •       コメント 3

    →コメントを書く 3
  • ジョニー、ファンタビ3作目も続投♪

    ファンタステックビースト、3作目のジョニーは出演するようです。

    https://theriver.jp/depp-fb3-confirmed/

    映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズでゲラート・グリンデルバルド役を演じているジョニー・デップが、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年11月23日公開)に次ぐ第3作へ続投することを明かした。
    「(グリンデルバルド役は)楽しかったですよ。空を飛び回れるアリーナがあって、ユニークなことに挑戦できて、ファシストになってしまいかねない人物として役柄にアプローチする…そう、彼はファシストなんですよね。敏感かつ心配性、それでいて他人を操る強力な魔法使いとして演じています。あの世界では可能性が広く開かれていますから、どんなことにでも挑戦できる。だから最高に楽しかったし、次回作も楽しみですよ。来年(2019年)の中頃に撮影が始まると思います。」
    2018年10月現在、『ファンタスティック・ビースト』シリーズは全5部作構成で、『黒い魔法使いの誕生』に次ぐ第3作は2020年11月20日に米国公開される予定。ファンは2年ごとに『ファンタビ』の世界を楽しむことができるわけだ。次回作では、グリンデルバルドもその姿を引き続き見せてくれるらしい。

    58_20181014092802714.jpg

    ジャパンプレミアにも来てくれると嬉しいんだけどな~

    今日も良い1日を~

  •       コメント 0

    →コメントを書く 0
  • ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト