カンヌ関係、日本語記事♪

カンヌの「パルナッサス博士の想像力」の記事が日本語記事ででてました。

記事元はこちら→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000022-flix-movi

故ヒース・レジャー遺作、首吊りで始まる衝撃作公開!ギリアム監督会見【第62回カンヌ国際映画祭】

20090522-00000022-flix-movi-view-000.jpg


 故ヒース・レジャーの遺作となった映画『ジ・イマジナリア・オブ・ドクター・パルナッサス(原題)』が現地時間22日、第62回カンヌ国際映画祭でワールドプレミア上映された。

 同映画は、撮影中の2008年1月22日にレジャーが急逝。その後、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがレジャーの役を引き継ぎ、完成に漕ぎ着けた、いわくつきの作品だ。ヒース演じるは、ナゾのビジネスマン・トニーで、登場シーンがショッキング。ある夜、橋に首を吊らされた状態で発見されるのだ。しかし映画は、救出してくれたドクター・パルナッサス(クリストファー・プラマー)率いる移動劇団のメンバーにトニーも加わり、異次元の世界に通じる魔法の鏡を使って、町の人々にひとときの夢を与えるファンタジー。

 そして物語が進むに連れて、トニーの素性も明らかになっていく展開だ。 デップたちは、レジャーが魔法の鏡を通り抜けて異次元の世界へ行った時に姿が変わっていた……という設定でそれぞれ登場し、物語に支障はナシ。ヒースも、上映時間2時間2分のうちの、約3分の2に出演している。

 記者会見を行ったテリー・ギリアム監督は、レジャーの死に触れ「まず、遺族の方とこの映画について話し合ったんだ。最初は哀しかったけど、段々、ポジティブな気持ちになって来てね。結果、有り難いことに遺族がサポートしてくれることになり、僕も絶対、ヒースなしでもこの映画を完成させるんだという気持ちになったんだ。幸い、魔法の鏡の設定があったし、ジョニーをはじめ3人のアクターが救済に名乗り出てくれた。他の仕事で忙しいのに、声を掛けてくれた彼らの行為をムダにしたくないと思い、僕も甘えることにことにしたんだ」と試行錯誤して完成させたことを明かした。

 また本作は、製作費が集まらないままクランクインしたそうだが、ヒースの遺作というでことで予算が集まった皮肉な運命がめぐっていたという。ギリアム監督は「ジョニーたちもギャランティに関係なく出演してくれたし、物語の設定的にも(ヒースが亡くなり)状況が変わったことでイマジネーションがさらに膨らんだと思う。ヒースがこの映画を完成させた、まさに協力プロデューサーとも言えるね」と天国のヒースに感謝した。

 ギリアム監督は次回作に、一度は製作を断念した『ドンキホーテを殺した男』に再チャレンジすることも決定し、「来春には撮影に入るんだ」とニッコリ。ヒースの遺作完成と悲願の作品が実現することの二重の喜びを味わっているのか、会見中は終始ゴキゲンで記者の質問に答えていた。(取材・文:中山治美)


こちらからカンヌでのパルナッサス関係の動画が見れます。→カンヌオフィシャルサイト

ジョニーは残念ながら出席しませんでしたね・・・。
でも、カンヌでの公開の事をジョニーはプエルトリコから見守ってますね。
ジョニー、ラムダイアリーの仕事頑張ってね


ブログランキングに参加しています。
↓記事を気に入ってくれたらクリックしてね!励みになります(^^♪


ジョニー・デップの関連商品お店はこちら→banner.jpg

スポンサーサイト
  •       コメント 12

    →コメントを書く 12
  • カンヌのオフィシャルサイトで見つけた文章

    カンヌのオフィシャルサイトで、「パルナッサス博士の想像力」のコーナーがありましたので、訳しました。
    なんかとても感動して・・・。

    「ラスベガスをやっつけろ」がディレクター、テリーギリアムがカンヌ映画祭で映画を発表した最後の時で、それは1998年です。
    今日、彼は「パルナッサス博士の想像力」の為に来ました。

    撮影途中の、2008年1月22日に、スター、ヒースレジャーは、突然、処方薬の過量で亡くなりました。彼は最初の映画を製作することをあきらめなければならないと思い、ギリアムは打ちのめされました。

    しかし、残りのクルーは、彼を励ましました。そして、彼がレジャーの為に、映画を完成させなければならないと話しました。
    ギリアムと彼のチームは脚本を書き直すことにしました。そして、結局は、彼らはレジャーの最後の姿をスクリーン上に残す解決法を見つけました。
    それから、ギリアムは電話を取って、レジャーの近くにいた人々に電話をし始めました。

    ジョニーデップ、コリンファレルとジュードローは映画を引き受けました。そして、「私は、完成を助けたジョニー、コリンとジュードに、そして、我々が映画を終えることを可能にした他の皆に感謝します」と、ギリアムが言います。
    「映画とヒースの最後のパフォーマンスを救うのを助けたいという彼らの意欲は、寛大さと愛の驚くべき行為でした。我々の産業と、彼らの関係の結果として、映画の中の美しくて素敵な瞬間は、さらに特別です:それは、より驚くべきです。」


    記事元はこちら、カンヌオフィシャルページ

    長い文章のうちの一部だけ訳しました。ほとんど意訳になってます。

    paruna1_20090522173809.jpg
    photoparnassus_20090522173806.jpg
    parnassusstudio31_20090522173922.jpg
    terry_gilliam.jpg

    映画撮影中に主演の方が亡くなった時、その映画自体をあきらめるか、または主演を交代して映画をつくるか・・・でも今回の「パルナッサス博士の想像力」はヒースの最後の輝かしい瞬間をとどめるために、完成させなければいけなかったんですね。
    そしてそれをみんな同じ思いで協力した。

    いろんな人が助け合って、ヒースの映画を完成させたんですね。


    追加

    こちらからギリアム監督のインタビューが見れます。ジョニーいない~~~
    http://www.festival-cannes.com/en/festival/2009-05-22/theDailyVideos.html

    ブログランキングに参加しています。
    ↓記事を気に入ってくれたらクリックしてね!励みになります(^^♪


    ジョニー・デップの関連商品お店はこちら→banner.jpg

  •       コメント 6

    →コメントを書く 6
  • ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト