FC2ブログ

去年の9日の偶然♪

去年の今日1月9日。この日私は成田空港にいました。

ここで、みなさん、ジョニーを送りにいったのね。って思われたでしょ。うふふ、違うんです。
もっと小さい男の子を送りに行ってました。

前にも話したことがあるのですが、たぶんその頃このブログを見てない方が多いと思うのでもう一度話します。

3年前の12月末、急に心肺停止になって倒れた子がいました。(Rくんとします)
うちの次男の一級下の子。当時11歳。息子と少年野球で一緒の元気な子でした。

Rくんは一命はとりとめたものの、拡張型心筋症で明日がわからない命。長くても余命は1~2年と言われました。
ただ一つ残されたのは、UCLAに行っての心臓移植手術。それには1億2800万円という大金が必要です。

私は当時、少年野球の保護者会の会長をしていました。PTA会長とご両親の相談の結果、募金活動をすることになりました。

募金活動をしたのはおととしの暮れです。
はじめて街頭に立ち精一杯の声で呼びかけ、初めて募金箱にお金を入れてくださったときの感動は忘れません。うれしくてうれしくて泣きながら街頭にたちました。

9_102.jpg


あのときほど、人の温かさを感じたことはありませんでした。ほんとうに100円でもいいのです。それがほんとうにうれしかった。そして、「がんばってください」「よくなるといいですね」と声をかけてくださる、方々の言葉が胸に熱く、涙がとまりませんでした。

募金活動をはじめて2ヶ月。見事募金額に達成。

そして、去年の1月9日成田空港で、みんなの声援をうけながら、その子はUCLAに旅立ちました。

その後無事移植手術を受け、去年6月に日本に帰国し、今元気に学校に通い、野球もやっています。

去年の暮れの学校活動でのクリーンボランティア(地域の缶拾いのボランティア)にも参加し、たまたま私の班だったので、一緒にごみをひろいました。

Rくんはみんなに助けられて命をすくわれたけど、今こうして、みんなの役にたってるんだ。と思うとなんかとても嬉しくて、考え深いものがありました。

募金活動で学んだ事はたくさんあります。それもRくんのお陰だと思ってます。いい経験になりました。一人一人のちょっとした思いやりで人一人の命を救えるんです。最後まで夢はあきらめちゃいけない。
募金でお金を入れてくれる方は案外、学生さんや、一見チャラチャラした子が多いんです。人は見ためだけじゃ判断しちゃいけないな~と思いました。

電話で「がんばってください」って声援をくれた方々もいました。募金活動中は忙しかったし、みんな疲れてくるとチームワークがくずれたり、クレームなどの電話などがあったりもしましたが、Rくんが元気にいる姿をみると、なにもかも全てが良い事の思い出だけになります。


ちょっと長くなってしまいましたが・・・
ジョニーと偶然同じ日に成田空港に行けた事、私にとってとっても素敵なプレゼントでした。
私が成田にいたのは6時くらいまで・・・ジョニーは7時30分くらいだったそうだから、同じ時間にはいれなかったのですが、それでも、ジョニーがその日帰国する事を知らずに成田に行ってたわけですから、その偶然がすごく嬉しくて。ジョニーにエールをいただいた気持ちになりました。

arrivaljapan022.jpg


ジョニーはなにも知らないけど、私はこんなにジョニーから影響をうけてます。
ジョニーありがとう。



カルメラさんから情報をいただきました。カルメラさんありがとう。\(^o^)/
ジプシーキャラバン、ジョニーのインタビューが10分入ってるそうです。
訂正です。特典には10分のインタビュー、本編は6分ほどだそうです。

ジプシーキャラバンはもうレンタル開始してるようなので、買ってない方はレンタル屋さんチェックしてくださいね。

TSUTAYAのフリーペーパーにも載ってます。
DSCF1953.jpg

12月26日にレンタル開始になってます。
DSCF1952.jpg


ブログランキングに参加しています。
↓記事を気に入ってくれたらクリックしてね!励みになります(^^♪


ジョニー・デップの関連商品お店はこちら→banner.jpg

関連記事
スポンサーサイト



  •       コメント 24

    →コメントを書く 24
  • ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト