FC2ブログ

ファンタステックビーストと黒い魔法使いの誕生のジョニーのインタビュー映像♪

ファンタステックビーストと黒い魔法使いの誕生のジョニーのインタビューが入った映像です。

https://youtu.be/dq30YKYEhY8
83_201810260707596dd.jpg

84_20181026070800073.jpg

85_20181026071407859.jpg

86_201810260714087b9.jpg

87_20181026071410660.jpg

88_20181026071411b32.jpg

89_20181026071413105.jpg

90_20181026071414fb6.jpg




映画「MINAMATA」に関するニュースです。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto/article/460416/

デップさん主演に水俣期待 写真家故ユージン・スミス氏描く映画 [熊本県]

 1970年代に水俣病を世界に伝えた米国人写真家、故ユージン・スミス氏(18~78)の生涯を描く映画「ミナマタ」(原題)で、米人気俳優のジョニー・デップさんが主演のスミス氏役を務めることが決まった。71年9月から約3年間、水俣で暮らしたスミス氏と交流した人たちは「偉大な功績に再び光が当たることはうれしい」と喜んでいる。

 スミス氏は太平洋戦争中、従軍カメラマンとしてサイパンや沖縄を取材。戦後、「慈愛のひと・シュバイツァー博士」などのフォトエッセーで頭角を現した。

 その後、日本の出版経営者から水俣病の話を聞き、第1次訴訟が始まっていた水俣に、結婚したばかりのアイリーン・美緒子・スミスさん(68)と移住。74年11月まで農家から一軒家を借りて生活し、75年にアイリーンさんと共同で写真集「MINAMATA」(英語版)を出版した。

 生誕100年、没後40年となった今年の9月、アイリーンさんが映画関係者と水俣を訪問。水俣病歴史考証館を案内した水俣病センター相思社職員の葛西伸夫さん(48)は「ジョニー・デップさんが演じることに驚いている。水俣病から目を背けてきた人たちがどういう反応を示すか気になるし、若い人が関心を持つきっかけになれば良いと思う」と話す。

 当時、20代でチッソ従業員だった水俣市の渕上武さん(76)は、スミス氏の借家を頻繁に訪れて写真の教えを請うた一人。自らもカメラを持ち、日常の巨匠の素顔を捉えた。人気作「パイレーツ・オブ・カリビアン」などで知られる名優の配役に、「世界を股に掛けたユージンさんにふさわしい人選。聞かれれば(スミス氏の)人柄を余すところなく伝えたい」と期待を寄せた。



こんなニュースも
ハリポタ&ファンタビ「魔法ワールドカフェ」11月9日(金)新宿と博多にオープン!



今日も良い1日を~
関連記事
スポンサーサイト



  •       コメント 0

    →コメントを書く 0
  • ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト