FC2ブログ

カンヌ関係、日本語記事。パルナッサス公開は・・・

また、日本語記事が出てきました
みなさん、もうそろそろ、このような記事も同じような事が書かれてるので
飽きてきたかもと思ったのですが、
今回の記事、ジョニーの事をギリアム誉めてます。

そして、パルナッサスの日本での公開日ですが・・・・。
とにかく記事を読んでください。

ヒース・レジャーの遺作が招待作品で登場【カンヌ映画祭レポート】

記事元→ヤフーニュース

招待作品としてカンヌで上映されたテリー・ギリアム監督作『The Imaginarium of Doctor Parnassus』は、レジャーが昨年急死した時に撮影中だった映画。彼の死を受けて製作は当然一時中断されたが、レジャーの役を、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが引き継ぐことで完成に至った。

「製作はただちにストップしたが、やがて、ヒースのためにも映画は完成させるべきだと思い始めたんだ。彼もそれを望んでいるはずだから。とはいえ、主演俳優を失って、どうすればいいのかわからずにいた。そんな状態で、古くから知るジョニー・デップに電話をしてみると『僕にできることがあれば言ってくれ』と言われてね。3人の俳優に同じ役をやってもらうことを考えついた時、僕は、ヒースと仲が良かったジュードとコリンにも話を持ちかけた」。(ギリアム監督)

鏡のこちら側と向こう側というふたつの世界が出てくるこの話で、一方の世界をヒースが、反対側の世界を他の3人が演じる。3人のうち、最初に登場するのはデップだ。

「ジョニーは、どんな変わった役をやってもただちに観客を信じさせてしまう。この突飛なコンセプトをやるなら、ジョニーを最初に出さなければと思ったんだ」。

多忙な3人は最大の努力を尽くし、事実上ノーギャラで、この映画のために時間を作ってくれたという。

「ヒースは映画を半分しか撮れずに亡くなったので、彼のギャラは半分だけ。残りの半分が3人に渡ったが、彼らはそれをヒースの娘マチルダに寄付した。彼らはあくまで友情の証として仕事をしてくれたんだ。この業界では稀なことだよね」。

日本では今年後半、または来年公開予定。


えっ、来年公開~~!今年公開して下さい~~。
公開時期、いつの間にかはっきりしなくなってたんですね・・・。

でも、ギリアム監督、ジョニーの事誉めてますね。
「ジョニーは、どんな変わった役をやってもただちに観客を信じさせてしまう」
なるほど~。そのとおりですよね。どんなキャラでも、ものの見事に自然に演じてしまう。そして、どんな人でも憎めないキャラになってしまう。
ジョニーが誉められると嬉しいですね~





アメリカではケロッグを買って、応募券5枚を集めると、抽選でDVDが当たるそうです。
選べるDVDが8つあるのですが、その中に「妹の恋人」があります

詳しくはこちら→http://www2.kelloggs.com/

keroggu.jpg

選べるDVDは下記の中から。

A Walk in the Clouds 雲の中で散歩
Benny & Joon 妹の恋人
Eight Men Out エイトメン・アウト
Here on Earth 愛ここにありて
Hoosiers 秘密結社 鷹の爪
Picture Perfect ピクチャー・パーフェクト
Rocky II ロッキー2
The Sandlot サンドロット/僕らがいた夏


当たっても、海外版なのでケロッグを海外から取り寄せて買うってことはしませんが、
アメリカではジョニー関連のキャンペーンがあっていいですね。

日本でも、こんなキャンペーンがあれば楽しいな~

サムくん

この表情、ミキサーでシリアルみたいなのを溶いたのを飲んだ時ですね
BJ23.jpg

こんな表情も可愛い。目も綺麗~
BJ68.jpg

ブログランキングに参加しています。
↓記事を気に入ってくれたらクリックしてね!励みになります(^^♪


ジョニー・デップの関連商品お店はこちら→banner.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/05/25 (Mon) 20:52 |  | 編集 | 返信
神無月 

Re:シークレット様

パルナッサス、公開が楽しみですねv-343
考えてみたら、ほんとPEと重なる可能性もありますね。
忙しくなりそうだわ~v-411

2009/05/25 (Mon) 21:33 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト