FC2ブログ

ブロウインタビュー、和訳♪

今朝、UPした、ブロウのインタビューの動画、Yaaahさんが訳して下さいました。
Yaaahさん、いつもありがとうございます

動画は、こちら。私の好きな(皆も好きな)紫ジョニーです
Thanks jdandvpluvva!


見れない時はこちらから→http://www.youtube.com/watch?v=Qcs3lGgNmj0


”ブロウ”  ジョニー・デップによるインタビュー

●本当の物語

最初この男の人生は信じがたいものだった。
僕はこの男に会いたいと思った。実際にどんな人か
見てみたかった。始めは多分お互い好きにはならないだろうと思った。なぜなら彼のことを金の亡者で野望を持った男だと想像したから。
でも実際はそうではなく、自由を大いに追い求めた人間だった。 ( a giant quest for freedom)
彼の自由の定義は・・・自分自身を犠牲にするようなものだったけど。

a2_20090824164204.jpg


●大きな責任

大きな責任(がある)。なぜなら彼には家族がいた訳で、
彼が生きている間は彼に対して(自分が)責任がある。

a3_20090824164203.jpg


●ジョージ・ユング

彼のことをドラッグを商売にして、犯罪者で、悪いやつだというのは簡単だ。でも実際はもっと深くて複雑なんだ。
僕が理解して惹かれたことは、ジョージの一番大切なものは自由だったということだ。彼にはなにか幸せな海賊みたいなところがあった。でも現実には全くなりたくないものに
なってしまった。母親は唯物論者だったし、世間、お金、
自分が自分が自分が、という感じだった。小さい頃から
成功することは金儲けすることだったから、将来の展望が持てなかった。すごく面白い話だと思った。

a4_20090824164203.jpg


●本能的な選択

今まで幸運にもしてこれたもの、面白く思ったもの、何かできるのではないかと思ったもの・・・もう亡くなった人もいるけど、一旦決めたら、その役を調べて、役を作り上げ、きちんとするにはどんなことでもやらなければいけない。


a5_20090824164202.jpg

ジョニーが役を演じるときは、本当にとことん、その人の事を調べ考えて理解しようとするんですね。
生きてる人を演じる場合、責任があるとジョニーは言ってます。
きっとなるべく忠実にその方を演じ、嘘がないようにしたいと思ってるのでしょう。
映画がその家族や人に与える影響がどんなに大きいかジョニーは考えての事でしょうね。

Yaaahさん、ありがとう。ジョニーの役に対する、真剣な気持ちやいろんな人の立場を考えて、役に臨んでる事がとてもわかった気がします。

ジョニーのおっとりとした話し方見てると癒されますね。さっきチャーリとチョコレート工場の、ウォンカの動画をチラッと見たのですが、ウォンカさんとは大違いだわ(ウォンカさんも楽しくて好きだけど)

ジョニーっていろんな面を持ち合わせてますね。でも揺ぎ無いのは、ジョニーの優しさや心の美しさが基盤になってることです



ブログランキングに参加しています。
↓応援クリックしてね!励みになります(^^♪
↓Please VOTE!



ジョニー・デップの関連商品お店はこちら→banner.jpg



関連記事
スポンサーサイト



コメント

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト