『僕の目はスペードのエースのように黒い』ジョニーがインタビューで答えたこと♪

さきほど、帰宅しました~
朝、記事書いたときは、あまりの忙しさに今日は記事更新しないと書いていたのに、昼1回して、今もして、なんて嘘つきなんでしょう(笑)
でも、ジョニーに関する素敵なニュースがでていたので、記事にします。

記事元→http://cinema.pia.co.jp/news/168279/64037/
ジョニー・デップ最新作『ブラック・スキャンダル』に大絶賛

ジョニー・デップ主演の『ブラック・スキャンダル』に、早くも「オスカー候補か」の声が上がっている。先週金曜日にヴェネチア映画祭、その翌日にテルライド映画祭で上映され、どちらの観客からも大絶賛を受けたのだ。
Variety.comは「ジョニー・デップのキャリアで最高の演技」とデップの演技を賞賛。今年のアワードシーズン、デップの名前があちこちで聞かれることは、間違いなさそうだ。



ベネチア国際映画祭でのジョニーのインタビュー記事がありましたので、載せておきます。

記事元→http://natalie.mu/eiga/news/159320

デップは役作りに関して「朝起きて、鏡を見ながら俺は悪魔だとつぶやく人は誰もいないと思う。僕は彼を悪魔としてではなく、できる限り人間として描くようにアプローチした。彼はビジネスの領域において悪魔だったのだと思う」とコメント。バルジャーの外見については「4、5回くらいメイクアップアーティストとテストしてから監督に見せた。僕の目はスペードのエースのように黒いから、ブルーのコンタクトは特注で作ってもらった。俳優はリスキーな肉体的変身をして、毎回フレッシュな、異なる外見で観客にサプライズを与える責任があると思う」と話す。一方クーパーはそんなデップについて「彼のことは何年も前から公私ともによく知っていた。とても紳士的で、すばらしい人。彼は多くの俳優が冒したがらないようなリスクを冒すこともいとわない、素晴らしいアーティストだと思う」と絶賛した。
また実在の人物を演じることに関して、デップは「多くの責任を伴う。バルジャーについては映像資料がたくさんあったから参考にした。彼は一方で母や弟をとても大切にし、家族愛のある複雑な人間だった。そんな彼を的確に、ある意味正当性を持って演じるようにした」と明かす。



『僕の目はスペードのエースのように黒いから・・・』って素敵なフレーズですね~
ジョニーの言葉遣いってオシャレで詩的

今回のブラック・マスの演技は本当に評判がいいですね
オスカーとってほしいな

ベネチア国際映画祭の追加画像をしておきます。
Thanks johnnytim.com
46_201509072240329ef.jpg

47_20150907224033060.jpg

48_201509072240355b5.jpg

49_2015090722403674f.jpg

ジョニーが海をバックにすると(本当は川)ついつい、バックにブラックパール号を探してしまいます
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト