いかついジョニー未見画像その他♪

ジョニーの未見画像が出てきてます

Thanks deppogprhy and Sophy!
ボストンの時の写真はHollywoodVampiresJDさんから連絡が来て、削除要請がありましたので、削除しました

→johnnydeppofic
39_20151003080536e30.jpg

→https://vk.com/johnny_depp_ru
37_20151003080730b2e.jpg


ジョニーの会社の映画に関するニュースが出てきてます。

http://variety.co.jp/archives/513
ジョニー・デップの製作会社が映画『黄金のメロディ マッスル・ショールズ』のテレビシリーズを制作中

ジョニー・デップ率いる映画製作会社インフィニタム・ニヒルが、音楽ドキュメンタリー映画『黄金のメロディ マッスル・ショールズ』をもとにしたシリーズを制作するにあたり、ヴァージン・ グループの創設者のリチャード・ブランソンによるメディア・カンパニーであるヴァージン・プロデュースとシティー・エンタテインメントとのチームを組んだ。

『黄金のメロディ マッスル・ショールズ』で2014年グラミー賞ノミネート(サントラ部門)されたリック・ホールは、アラバマのマッスル・ショールズにあるフェイム・スタジオの創始者である。ホールは、『アイル・テイク・ユー・ゼア』(ザ・ステイプル・シンガーズ)、『ブラウン・シュガー』(ローリング・ストーンズ)、『男が女を愛する時』(パーシー・スレッジ)などの世界的ヒット曲をフェイム・スタジオで生み出した。今回制作されるテレビシリーズは、様々なキャラクターの人々や文化、政治史などの南部の古いしきたりに触れながら、人種分離政策が行われていたアメリカ南部で豊穣で広大な地を開拓し、マッスル・ショールズの象徴である”マッスル・ショールズサウンド”が生み出された背景についての物語を描く予定だ。

このテレビシリーズは、ドキュメンタリー映画『黄金のメロディ マッスル・ショールズ』の監督でプロデューサーでもあるグレッグ・“フレディ”・キャマリアが、インフィニタム・ニヒルのデップとクリスティ・デンブロウスキー、ヴァージン・プロデュースのブランソン、ジェイソン・フェルツ、ジャスティン・バーフィールド、シティ・エンターテイメントのジョシュア・D・マウラー、アリクサンドル・ウィトリンらと共にプロデュースを手掛ける。ヴァージン・プロデュースの制作担当上級副社長のレネ・リガルが、インフィニタム・ニヒルのボビー・デレオンと共にプロジェクトを管理する。

「グレッグ(キャマリア監督)の映画は詩的で情緒的な神秘性をよみがえらせ、私たちに、独特かつ先駆的な方法で音楽と物語を使ったシリーズをプロデュースしようという気持ちにさせてくれた」とフェルツは語った。「豊饒な地と”マッスル・ショールズサウンド”を生み出した先駆的なアーティスト達についてのこの刺激的な物語は、ヴァージン・プロデュースの音楽ルーツによく合い、インフィニタム・ニヒルのデップとシティ・エンタテインメントとのパートナーを組むという最高の機会を与えてくれた」

「マッスル・ショールズは、その逆境的な歴史にもかかわらず世界でもっとも素晴らしい音楽を生み出したという並外れた物語をもっている。この物語は、デップの音楽への愛と、これらの物語を伝えるという使命を持った我々インフィニタム・ニヒルの歴史に完璧に適している」とデンブロウスキーは語った。

『黄金のメロディ マッスル・ショールズ』は、2013年に米映画配給会社であるマグノリア・ピクチャーズより公開され、2013年のサンダンス映画祭(アメリカのユタ州で毎年1回開催)で初公開された。サウス・バイ・サウスウエスト(米テキサス州で行われる音楽祭・映画祭・フェスティバルなどを組み合わせた大規模イベント)とホット・ドックス(カナダで行われるドキュメンタリー映画祭)では、批評家からの高い評価を受けた。



10月と思えない、日差しの強い朝です。
今日も良い1日をお過ごしください
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト