ジョニーがコレクションしていたジャン=ミシェル・バスキアの作品をオークションに

ジョニーがコレクションしていたジャン=ミシェル・バスキアの作品をオークションにかけるそうです。

記事元→http://news.walkerplus.com/article/79826/

ジョニー・デップが、約25年間にわたってコレクションしていたジャン=ミシェル・バスキアの作品を、オークションにかけることがわかった。オークションハウス、クリスティーズがプレスリリースで明らかにしたもの。

ピープル誌などによれば、ジョニーが手放すのは、主に1981年に創作された9作品。木製のドアにペイントされた「Pork」という作品だけでも、350万ドルから500万ドル(約3億7500万円から約5億3600万円)くらいの値が付くと言われており、9作品となれば何十億になるという。

アンディ・ウォーホルとも交流があったバスキアは、ストリートアーティストから1980年代のNYアート・シーンを席巻し時代の寵児となったが、1988年に27歳という若さでヘロインのオーバードーズによりこの世を去った。ジョニーはバスキアの、音楽を奏でるような、詩的で、繊細で、即時性のある作風に惹かれてコレクションを始めたという。

オークションサイトによれば、「オークション記録を破ったバスキア人気を受けて、ジョニー・デップと話し合いを続けてきましたが、ジョニーの理解と契約により、9作品を慎重に選定した」だそうだが、お気に入りのコレクションのこのタイミングでの売却は、離婚のための資金作りであることは明らかだ。

法律の専門家らは、「アンバー側からのDV申請により、離婚申請の際に要求して却下された生活費のサポート月額約560万円などの諸費用はジョニー側が支払うことになる」と語っており、「約15か月の短い結婚生活の代償はあまりに大きかった。絵画売却は、ジョニーの資金作りの序曲に過ぎない」とナショナル・エンクワイラーに関係者が語っている。

この画像のタイトル調べたら「Made in Japan I」というんですね。
92_20160610151011a1f.jpg

ジョニーが本当に離婚の費用に充てようと考えてるかはわかりませんが、大事にしていたコレクションを手放すのは、何か考えがあってのことなんでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト