ジョニーのフランスの家の映像☆

ビバリーヒルズの不動産会社、hiltonhyland(https://www.hiltonhyland.com/)が製作したジョニーのフランスの家を紹介するビデオです。


https://youtu.be/LoEa3Cnq18w

こちらyoutubeの解説を翻訳機能を頼って翻訳です。

でも想像をちょうどサントロペの外で、トラブル壮大なフランスの田舎に位置し、壮大なエレガントでジョニー・デップの村、プラン・ド・ラ・トゥールなどの息をのむよう不動産を、想像を持っているでしょう。この不動産の起源はフランス革命の時、完全なプ​​ロバンスの村、と考え込むゲストハウスに変換されています前者チャペルから生き残った建物が、一致させることができません。

12917平方フィート(1200平方メートル)以上のボヘミアンスタイルのリビングスペースの合計、およびメインの家、6ゲストコテージ、バー、レストランを備えており、12以上のベッドルームと12のバスルームを合計する兼ね備えています。

優しく、美しい眺望と敷地を傾斜に囲まれた、この信じられないほどの場所は家庭の素朴な、まだ豪華な仕上げを向上させることができます。ビーチ・タイプの設定、ジム、画家のアトリエ(ミスター・デップさんのお気に入りの部屋)を作成砂に囲まれて、より大きなそのうちの2つのプール、一緒に比較を超えてされているホームを描くのに役立ちます。

オリーブ畑、ブドウ畑、そして300歳樫の木を楽しむために、プロパティの37エーカー(15ヘクタール)を歩きます。平和と静けさの自然エネルギーは、細心の注意を払って細工された化合物全体に豊富です。細部へのこだわりは、2番目になしで、と氏デップは、この家は高級団地の世界に一人で立つことを保証しています。十年以上前にプロパティを取得しているので、彼は細心の注意を払って復元し、不動産を飾るために家の中に€1000万人にもおよぶ投資してきました。氏デップの揺るぎないケアプランドラトゥールは、世界で最も息をのむような特性の一つとなって支援してきました。

この身長のレガシー特性が見つけることはほとんど不可能であるように、それは、この口径の家はあまり市場に来ないことは言うまでもないです。プラン・ド・ラ・トゥールは、紛れもなく市場で最もユニークな団地の一つです。

25_20160806084844df3.jpg

26_2016080608484653a.jpg

27_20160806084848a44.jpg

28_20160806084849d7e.jpg

29_20160806084851a96.jpg

30_20160806084939c9f.jpg

こうして、ジョニーの家だった映像を見ると、この階段をジョニーが歩いたんだろうかとか、この道をジョニーを歩いたんだよね。とか、この椅子に座って、子供たちが遊んでいる姿を見たんだろうなとか、ジョニーたち家族の様子が浮かんできます。
高級だけど、その中に無限の温かさがある家に思います。
もったいないな・・・この家を手放すこと。
でも、しょうがないんでしょうね・・・
お金があれば、私が買いたい

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト