FC2ブログ

『ミナマタ(原題) / Minamata』日本で撮影来年1月♪

更新が遅れましたが、ジョニーが来年1月に来日し、日本で映画を撮影することが日本語ニュースででてきています。

https://www.cinematoday.jp/news/N0104432

ジョニー・デップ、水俣病を扱った新作で実在の写真家に!日本でも撮影
米俳優ジョニー・デップが、水俣病の問題を扱った新作『ミナマタ(原題) / Minamata』で、実在の写真家ウィリアム・ユージン・スミスさん役に挑戦するとDeadlineなどが報じた。

 本作はウィリアムさんと妻アイリーン・美緒子・スミスさんが共同で執筆した同名著書「ミナマタ(原題) / Minamata」を基に、ハンウェイ・フィルムズが手掛けて映画化する予定。監督は『最低で最高のサリー』で製作総指揮を務めたアンドリュー・レヴィタスで、デヴィッド・K・ケスラーが脚色する。

 第2次世界大戦中にサイパン、沖縄、硫黄島で活動した写真家ウィリアム・ユージン・スミスさんが、1970年代にライフ誌の編集長ラルフ・グレイヴスの依頼でチッソが引き起こした水俣病の取材をし、その実態を暴いた経緯を描く。

 2019年1月から日本で撮影に入り、その後セルビアで撮影することになっている。



この映画のことも。

https://eiga.com/news/20181024/6/
ジョニー・デップ「夷狄を待ちながら」映画化で製作&出演
[映画.com ニュース] 南アフリカ出身のノーベル賞作家J・M・クッツェーの小説「夷狄を待ちながら(いてきをまちながら 原題:Waiting for the Barbarians)」を映画化する新作に、ジョニー・デップが出演することがわかった。本作は、オスカー俳優マーク・ライランスとロバート・パティンソンの出演が決定している。

米Deadlineによれば、デップはプロデューサーのアンドレア・イェルボリーノとパートナーシップ契約を結び、今後は映画やデジタルコンテンツのプロデュースをともに手がける。今回の新作は、デップの製作会社インフィニタム・ニヒルと、イェルボリーノが立ち上げたブロックチェーンプラットフォームTaTaTuを通じて製作される。

1980年に発表された原作「夷狄を待ちながら」は、静かな辺境の町で民政官を務めてきた初老のイギリス人男性(ライランス)を語り手に、帝国の支配者と夷狄(野蛮人の意)の姿が描かれる。映画はコロンビア出身のチロ・ゲーラ(「大河の抱擁」)が監督を務め、今月末にモロッコでクランクインする。



『ミナマタ(原題) / Minamata』の映画撮影のことを考えると、胸がいっぱいになってしまいます。
昔、いろんな国で撮影しているジョニーの姿を見て、日本にも撮影に来てほしいなと考えていたことが、とうとう実現しようとしているんですよね。
撮影後、地区の人と触れ合う姿を今まで見てきたけど、日本ではどうなんでしょうね・・・
人が集まりすぎてしまったら大変だろうし、内密に行われるのかしら。
やっぱり、九州で撮影?
日本の海だったらどこでもいいわけないですものね。
私は千葉ですが、よく撮影に使われる海の近くに住んでいる私からすると、とてもドキドキなんです(笑)
そして、私が夜勤めているホテルに食事しに来たら・・・なんて、妄想が膨らんでいって、もう頭がいっぱい。(そう都合よくなるわけないのですが)
これから、落ち着かない日々が続きそうです。

ジョニーに先月逢ったばかりなのに、もう逢いたくてたまらない
82_20181025072550a5d.jpg
いい事があるよう、毎日がんばろう~



関連記事
スポンサーサイト



コメント

摩耶 

こんばんわ🌃らい

来年月からの映画撮影が日本で、撮影開始とblogで読んで、私もいつかジョニーが日本で撮影出来ると良いなぁ~?と思って居ました(p^-^)p想いは伝わりますね🎵私は、まだジョニーを見た事が無いけれど何時もジョニーと逢えて、羨ましいと思ってます。何時も情報有り難う御座います🎵

2018/10/27 (Sat) 18:31 | URL | 編集 | 返信
 

No title

追加文字が間違えて出てしまいました。ごめんなさいm(__)m

2018/10/27 (Sat) 18:32 | URL | 編集 | 返信
神無月 

Re: 摩耶さん

日本のどこで撮影か気になるところですね。
沖縄か、熊本か・・・
そのうち、くまモンと2ショットの画像が出てきたりして(#^^#)
摩耶さんもジョニーに逢えますようにv-343
きっと、逢えますよ(*^ー゚)b

2018/10/28 (Sun) 08:44 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

ジョニーに逢えたなら/ジョニー・デップ応援サイト